『学びを結果に変えるアウトプット大全』からの学び〜アウトプットで人生を好転させる〜

『科学的に自己成長を加速し、人生を好転させる』

最初に書かれていた言葉です。

私がブログを始めた理由、その一番の理由がアウトプットです。

ブログのテーマでもある、‘学び‘

たくさんたくさん学んできたけど、うまくアウトプットができなかった。

それは文字で書くことも、行動で表すことも両方できなかった。

ブログを通して、少しずつできるようになってきましたが、さらにアウトプットをしていきたいので、この本を読んでみました。

アウトプットで人生を変える

これまで『インプット』をたくさんしてきている人は多いが、『アウトプット』をできている人が少ない。

本を読んでも、読んでわかった気になっていたりする。

『アウトプット』することで、行動でき、現実世界に対して変化や影響を与えることができる。

『アウトプット』することは、書いたり、話したり、行動したりと、まさに運動することで記憶の定着に役立つ。

『アウトプット』の基本法則

1、2週間で3回以上アウトプットすることで、長期記憶

2、インプットとアウトプットを繰り返す

3、インプットとアウトプットの割合は3:7でアウトプットを意識する

4、フィードバック(見直し、反省、改善など)をする

インプット、アウトプット、フィードバックを繰り返していく。

ブログを始めるまではインプットばかりでしたか、ブログを始めてからはアウトプットがだいぶできるようになった。

でも、フィードバックがまだまだできていないなと感じた。

アウトプットの仕方

大きく、『話し方』『書き方』『行動力』の3つに分けて書かれている。

『書き方』については、特に今意識しているところで、実行したいと思ったことが、『手で書く』ということ。

これまで、デジタルにしか書いていなかった私。

先日読んだ本でも書いてあったので、手書きを復活させています。

ここでも、紙に書くことは、脳の刺激になり、集中力が高まり、記憶にも残りやすいという研究結果があるようです。

紙で書いていくことでアイデアが出やすいようなので、書いてみることにしています。

TODOリストもこれまでデジタルに書いていたのですが、紙に書く、机におく、できたら斜線で消すなど、紙に変えていこうと思っています。

今回のこの本のまとめを書くのも、ノートに書いてみました。

A4 2枚程度なのに、すごく疲れた。笑

これまで使えていなかったってことですね。

行動力

変えていくためには行動をしなきゃいけない。

わかってはいるが、なかなかできなかった。

ブログでアウトプットをすることで少しずつ行動できるようになった。

まだまだできていないこともたくさん。気持ちの面でモヤモヤすることもたくさん。

『昨日までの行動と 、今日の行動に変化がある 。これが自己成長です 。』

毎日、一つでもいいから、何か行動する!まさに、それを実践したいなと思っているところです。

・続ける

ブログの継続がようやく543日。約一年半かな。

ここまで続けられると思っていなかったけど、書く習慣ができているから、今は本を読んで書くことにチャレンジできている。

行動のポイントもいくつかご紹介。

『今日やることだけ考える』
たしかに、今日何を書くか!には焦点を当てられている

『楽しみながら実行する』
苦しい時もあるけど、自分が書きたい!って思うことだけできているから楽しい!

『目標を細分化する』
小さな習慣のおかげで、小さく続けることができて、少しずつチャレンジできている。

『結果を記録する』
日にちは記録できているけど、もう少しいろんなことを記録していきたい。

『結果が出たら、ご褒美をあげる』
いつも早めにご褒美をあげすぎかもしれない。笑 ワクワクすることを考えておこう!

『教える』
これは仕事柄すごく思うことですが、人に教えるときが一番学び理解する瞬間。

ラーニングピラミッドは有名な図かもしれませんが、講義を聞くだけでは5%の理解。

まさにインプットしてアウトプットするときが一番の学びの瞬間なんだと思います。

私が子どもたちと関わるときによく使う言葉が『教えて』って言葉。

自分がわかっていてもわかっていなくても、『これってどうなん?』教えて!っていうと、子どもたちは喜んで教えてくれます。

今の学校教育は変わりつつあるけど、先生は教える人!って言う概念は無くしていきたい。(教えちゃいけないって意味ではない)

フィンランドで聞いたのは、教えるだけの先生は、ダメな先生なんだって。

『チャレンジする』

自分の居心地のいい空間からちょっと出るくらいのことにチャレンジする。

楽しいと思えるチャレンジをしていきたい。

Marikoさんのまとめ

この本の中ではここでは紹介しきれないくらい、たくさんのアウトプットの技術が書かれていた。

その中でも、早速、紙に書くことを続けてみたい。

やりたいことリストも紙に書いてみようと思う。

また、そのリストを毎日のようにみて意識していく。

今日から、この本から学んだことを自分のやりたいことに向けて行動していきたい。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら