Yes, andを体感するワーク〜行列のできる講師力講座3日目1限目〜

3日目の1限目は、アイスブレイクとYes, andを体感するワークを3つほどしました。

アイスブレイクにもなるし、ゲームをしながらYes, andを体感できます。

Yes, andは、安心安全な学びの場を作る欠かせません。

早速ご紹介します。

一人にならないで

初日には、共通点探しとしてゲームをしましたが、それの元のゲームでもあります。

最初の人が、『〇〇といえば!』という問いを出します。

例えば、『渋谷といえば』と聞かれてイメージするものを一人ひとりが頭の中で考えます。

‘一人にならないで‘というゲームなので、ひとりの回答にならないように、他の人たちもイメージしそうなものを考えます。

シンキングタイムのあと、せえの!で、イメージしたものを言いながら、同じ言葉を言っている人を探してグループになります。

大多数の回答から、グループごとに発表していきます。

そして、一人になった人でも、他の人でもいいですが、次のお題を出して進めます。

共感できることは嬉しいものです。

Yes, and Yeah

このゲームは遊びながら、Yes, andを体感するのにぴったりのゲームです。

ペアでおこないます。

A: 『ねえねえねえ、〇〇(ニックネーム)ってさ、お寿司が好きなんだよね?』

B: 『そうそうそう、お寿司が好きすぎて、行きつけのお寿司屋さんが20件あるんだよね』

A,B:『Yeah』

とAからの言葉をBがYesして、それをandしていきます。

一つのお題から、『そうそうそう』とエクステンド=広げていきます。

これを徐々にレベルアップしていきます。

A: 『ねえねえねえ、〇〇(ニックネーム)ってさ、お寿司が好きなんだよね?』

B: 『そうそうそう、お寿司が好きすぎて、行きつけのお寿司屋さんが20件あるんだよね』

A: 『知ってる知ってる!お寿司が好きすぎて、その行きつけのお寿司屋さんで、大将から握り方を教えてもらってもらうようになったんだって?』

B: 『そうそう、大将から教えてもらったことが身についてきたから、そろそろ自分のお店を持とうかと思ってるんだ』

A:『知ってる知ってる!自分のお店を持つために、、、、、、』

・・・・

A,B:『Yeah』(時間になれば終了)

というようにさらに『知ってる知ってる』とアドバンス=発展させていきます。

ワンワード

ワンワードつまり、一単語でつないでいくゲームです。

以前テレビでやっていた、『未成年の主張』のイメージ。先日も放送していましたね。

ペアになって、まるで一人で話しているように、一単語ずつで言葉をつないでいきます。

最初に、参加者から、

・好きな数字(1〜99まで)

・子どものころになりたかった職業

をもらいます。

たとえば、80と幼稚園の先生といただいたら、80歳の幼稚園の先生に2人でなりきって一単語ずつでつないでいきます。

『わたしゃ』「これまで」『長い間』「子どもたちと」『楽しく』「時間を」『過ごして』「きたが」・・・・

というようなイメージです。

これも終わってから、どういうことが起こっていたのか?あの時のワードはどういう意図で出していたかなどを振り返っていきます。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら