ザ シークレット からの学び[書評]その1〜創造のプロセスの使い方〜

前回の続きです。

創造のプロセスをうまく使うことで、実現に近づきます。

創造のプロセスとは?

例えば、減量したい人!はい!

減量したい人は、『減量しないといけない』ということに、集中しがち。

『減量しなくてはいけないもの』という考えを捨てる。

太る原因は『過食』と思っていると太る。

全ては思考の結果なので、その思考を変えて、呪縛から抜け出すのに、3つの思考のプロセスがあります。

第1段階 『お願いする』

望む体重を明確にする

完ぺきな体重の時の自分の写真があれば毎日見る

第2段階 『信じる』

自分が理想の体重になったと想像し、そのように振る舞うことが必要。

理想の体重を書いて、体重計の目盛りに貼る。実際には乗らずにイメージする。

現在の体重に合う服ではなく、理想の体重の服に焦点を当てる。

第3段階 『受け取る』

自分自身に満足し、自分が素晴らしいと感じ、完璧な思いを持てば、完璧な自分を引き寄せることができます。

その上で、感謝の力を使う。

感謝することは、私の中でものすごく大切にしていること。

旅の日に、天気がよく行かせてもらえることがありがたい

関わってくれる人たちみなさんがありがたい

そんな気持ちを常に持つ。

ここには、ご紹介しきれませんが、

宇宙とつながる、周波数を合わせるなどなど、本を読む中で自分の中に刷り込んでいけると、理想の自分に近づいていけるのかなぁと本を読んで感じています。

全ては自分が考えた思考が現れている。

考え方、感情を変えれば、人生が変わる。

そして、この引き寄せを習慣にすること。

少しずつ実践していきたいです。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら