レジリエンス勉強会を行いました〜 レジリエンスを伝えながら、自分のレジリエンス力が鍛えられる〜

おおよそ毎月一回は何かしら自分発信で人と学びの場を作りたいと今年は少しずつチャレンジ中。

4月5月とバテていたのですが、少しでも!と思い、レジリエンスを共に学んだ友人と学びの時間ができました。

そして、レジリエンスに興味を持ってもらった、もう一人の友人とともに、レジリエンスについて話す場になりました。

レジリエンスを学ぶ2つの軸

今回はほぼ個人レッスンのような感じだったので、話しながら進めることができ、比較的短時間で概要を伝えることができました。

1、自分の気持ち、捉え方に気づく

2、自分の好きなこと、強みを知って生かす(レジリエンス筋力をつける)

内容は盛りだくさんなんですが、簡単にいうと、この両輪だなぁと改めて感じました。

1については、まずは自分の感情を捉える。

そして少し客観的に感情や捉え方を知る。

参考記事: レジリエンス講座からの学び その4〜私によくくっつくオウムさんを考えると、自分のネガテイブ感情と向き合えた〜 – Marikoさんの学ぶ日々

2については、日々日頃から、鍛えておくことで、落ち込んだ時の復活が本当に早くなります。

その中でも、一番好きなのが、やっぱりこれ!

▲ 強みカード

▲みんなで選びあいました。新しい自分が発見できる!しあわせな時間。

一緒だった方は、学校の授業の中でも実践中!!

これもいつか学校現場で広げていけたらいいなぁと思っています!!

ぜひ興味のある方は一緒に学びましょう〜

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら