主体的に学ぶためのポイント2〜任せる勇気〜

主体的に学ぶためにどうしていけばいいのか?

関わり方によって大きく変わる。

その2は任せる勇気についてご紹介します。

学校現場でよく聞く声

主体的に学ぶ事例をご紹介した時、多くの人がすごい〜って声を上げてくれます。

しかし、そのあと聞こえてくるのが、

‘この学校の子たちに無理です‘

という声。

それぞれの学校の事情はもちろんあります。

本当に大変な学校も見てきました。

おそらく‘今は無理‘という意味なのかとは思いますが、今なにかを始めなければ、目の前にいる子どもたちに主体性は身につきません。

‘今はできない‘で終わるのではなく、どこから始めれば、少しでも主体性が身につくかということを大人が考えていきたいものです。

私自身も現場の様子に対応しながら、できることをお伝えしてしたいです。

でも、考えても想像と違うことが起こり得ます。

だからこそ、一度任せてみる勇気を持ってみる。

小さな枠でもいいので、任せてみる。

コントロールできないのは不安なのですが、少し手放す。

そうすると、動ける範囲が増えるので、自分で少し考えるようになります。

それが主体性の始まりです。

ノミの話

ノミは小さいのですが、とても高く飛べます。

自分の体長の60倍くらい飛べるそうです。

しかし、小さな透明の箱に入れると、その高さまでしか飛べなくなります。

少しその中に入れておいて、箱から出すと、、、

その箱の高さまでしか飛べなくなるそうです。

あきらめてしまったんでしょう。

親子、先生と生徒など、関わる中でも同じことをしていないでしょうか?

していない!!と思っている人ほど、注意が必要かもしれません。

知らず知らずのうちに、コントロールしてその子がやろうとしている気持ちにフタをしてしまっているかもしれません。

一定の枠の中で、高ーく飛べるように、支援してあげるのが、おとなの役割であり、ファシリテーターなのかなぁと思っています。

そのためにまずは、そのフタをとる!つまり、一度任せてみる。これが、2つ目のポイントです。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら