できない自分をさらけだしたら、みんな明るく迎えてくれた〜できない自分を受け入れて前に進む〜

先日のブログ講座で、最近の近況をシェアする場面があり、ダメな私をカミングアウト?したら、拍手をいただけた。

私にとってはすごく衝撃的な出来事で。

そんなお話です。

4月5月思うように動けなかった日々を語る

4月5月はダメダメ月間でした。

できないことって、ダメなことだし、できない私は最低だと思っていた。

今学んでいるAIFAのZoom講座の2週間に一回出る課題。

4月の初回から、全くできていない。

+並行して受けている、ブログ講座の課題図書、読めていない。

やりたかった、レジリエンス講座の準備、全くできず。

そんな中で迎えたブログ講座での、近況報告。

###このできなかった一ヶ月のことを話したら拍手をいただけた

Beingのことも学べる立花B塾だからこそ起こったことだと思うんですが。

いかに4月5月できなかったかを語る私は、できないことを語りながら、自分自身を受け止められていることに気づいたんです。

これまでの完璧主義な私はできない自分が受け入れられなくて、できない自分=ダメ→落ち込む、自己嫌悪に陥ることがほとんどだった。

また私はダメだ。こんなんじゃダメだ。あーもう嫌だ!

で終わっていた。

この4月5月は、ブログだけはご飯を食べるが如くの習慣になっているので、毎日しているんですが、それ以外はあまりにも何もできなくていなくて、パワーも出なくて、最初の頃はちょっと凹んでいました。

でも、レジリエンス的に客観的にココロを分析した時に、なんか吹っ切れて、毎日を楽しく過ごしつつ、ブログだけは毎日継続できました。

おそらく、そうやって気持ちを切り替えられて、大丈夫ワールドにいられたってところに、皆さんからの暖かい拍手をいただけたのかなぁと自分で思っています。

できない時もある、大丈夫、いつかできる!そんな気持ちになれた自分にもびっくりしています。

どうやって気持ちを切り替えたのか?私の頭の中を解剖してみる。

また私はダメだ。こんなんじゃダメだ。あーもう嫌だ!

と、一人で頭の中で叫んでいたんです。

これは、

敗北感オウムさん(自分なんてできないんだ!というオウムさん)

正義オウムさん(課題は期限までにやるべきだ!やらないなんてありえない!)

心配オウムさん(見放されるんじゃないか)

が私の頭の中を支配していたと客観視できて、そのおかげで、自分のココロを切り替えられたんです。

(敗北感オウムさんに対して)
たしかに、今回の課題では、期限も守れていないし、他の人よりできなかった。だけど、全くできないわけでもないし、きっと時期が来ればできるよ!!

(正義オウムさんに対して)
たしかに、できないとダメだと思うけど、できない時もある。だから素直に伝えて、申し訳ないけど、少しできる時まで待ってもらおう。でも、必ずできる時にやっていこう。

(心配オウムさんに対して)
たしかに、あまりにできていないと、見捨てられるかもしれない。でも、これもまた、素直に伝えて、うまくやれるように努力しよう。

切り替えられてからは、できない自分を責めるのではなく、どうやって取り戻していくかを考えながら、前向きに日々のことを過ごしていました。

といいつつ、しばらくは何もできなかったんですけど。

それでも大丈夫!って思えたのです。

そして、5月が終わろうとしている今、ようやく動き出せました。

積み残してきた課題に立ち向かっています。

必ずや、全て出し終えます!!!!

全てはYes, andとレジリエンスと立花B塾のBeingのおかげです。

そして、ブログ講座に参加されているみなさん、ありがとう!!

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら