私の人生最大のレジリエンス力を発揮した日々 その2〜友人の‘死‘から10年 辛い出来事からの気持ちの復活〜

その1からの続きです。

私の人生最大のレジリエンス力を発揮した日々 その1〜友人の‘死‘から10年 辛い出来事からの気持ちの変化〜 – Marikoさんの学ぶ日々

大学時代へと続きます。

たまに会っていた大学時代。彼女からの病気の告白

かなり、記憶を消してしまっていて、どのくらい会ったかももう覚えていないんですが、たまに仲良いメンバーと一緒に会っていました。

お酒が飲める年齢になったので、みんなで飲もうよーと話していて、私が当時みんなに声をかけることが多くて、彼女にも声をかけたときに。

‘お酒を今控えてる‘

と返事があって、そうなんやーって思って、無理して飲まなくていいし、よかったら会わない??と誘ったら、来てくれました。

その日の集まりのことは全然覚えていない

その帰り道、みんなと別れて、同じ地下鉄に乗るので、二人になったときに、もう少し喋ってから帰ろうってなり。

駅のホームの椅子に座って話しているとき、おもむろに、彼女から‘ウツ‘だと教えてもらった

誰にも理解されないから、誰にも言わないでほしいと。

彼女は治そうと、薬を飲んだりしてるって教えてくれた。

でも、やはり、‘ウツ‘の原因だったり、細かいことは教えてくれなかった。

(今思えばそこも聞くべきじゃなかったのかもしれないけど)

もちろん、無理して言う必要はないよとは伝えていました。

否定もしないし、そっと見守るよって気持ちは伝わっていたかなぁと思います。

また会おうね〜と言ってその日は別れた。

しばらく連絡を取っていたり会ったりしていた

彼女の告白から、しばらくは毎日とかじゃないけど、ぼちぼち連絡を取って、たまに誘って会っていた。

もちろん心の中を詮索したいとかではなく、心配だったのと、ただただ、彼女と話をしたかったから。

たぶん、彼女は私のことを信頼してくれたのかな。何度か会っていた。

いつもは私から誘っていたのが、ある日、彼女から遊ぼーと誘ってくれた。

大学の近くに一人暮らしをしていて、大学へ遊びにいくのと、そのお家にも行くことに。

最後に会った日

実は私は就職が決まったあとだったので、なんとも能天気に彼女の大学へ遊びに行きました。

会った印象はしんどそうな表情に見えたから、しんどくない??ときいたら、全然大丈夫と言った。

話している感じはそこまで変な感じではなかったので、楽しく過ごした。

ホルンの大好きな彼女は、オーケストラ部に所属していて、その部室に遊びに行った。

私は楽器を持っていなかったけど、二人でホルンを吹いて遊んだ。

その後、大学の構内もぶらぶらしながら、彼女がたんぽぽの綿毛を見つけて摘んだ。

彼女は、ふーっと綿毛を飛ばすのではなく、茎を持って左右に振って綿毛を飛ばした。

そしたら、彼女の髪の毛に綿毛がついていた。

私は面白くて笑いながら、‘摘んだ罰が当たったんやわ〜‘って話して、‘そんなことない‘と彼女も笑いながら遊んでいました。

そして、彼女のお家に行って、まったりしていました。

何時だったんだろうか、お昼だったのかなぁ。まったく覚えていないけど、彼女が作ったカレーを出してくれたので美味しくいただきました。

あとは、なんかなんでもない話とか、大学での研究の話とかしました。

大学で人間科学を先行していた彼女の研究を聞いて、今でも忘れられない話。

牛乳と身長の関係について

牛乳を飲むと本当に背が伸びるのか?ということを調べた話を教えてくれた。

150cmくらい?(当時、ミニモニに入れる入れないの下りをしていた感じ)の彼女は牛乳などの乳製品が大好きだった。

彼女より背の高い人たちで牛乳が好きな人が少なかったそう。

身長と飲む量を関連付けての調査をしたんだと思います。

結果、‘牛乳を飲めば飲むほど、背は小さくなる‘という結論に至ったと、爆笑しながら教えてくれた。

そんなこんなで今度はチーズケーキを食べようという話もしました。

夕方になり、帰ることになったけど、彼女は彼氏のところへ向かうために、途中まで一緒に電車に乗り、次はチーズケーキ食べようね〜といって先に電車を降りていった。

電車の中から見た、少し俯き加減でエレベーターに乗る彼女の姿が最後となりました。

次、別れの日に続きます。

こちらもどうぞ

その1、その2はこちら。 私の人生最大のレジリエンス力を発揮した日々 その1〜友人の‘死‘から10年 辛い出来事からの気持ちの変化〜 – Marikoさんの学ぶ日々 私の人生最大のレジリエンス力を発揮...
このブログを始めた頃の私はひねくれの絶頂であり、ネガテイブなオーラしかまとっておらず、いろんなことに心が折れていました。 一応、何かやるけど、何をやっても無駄だと思ってたし、教育に対してもどん...
**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら