やっぱり動画作りって楽しい。

先日参加した、子どもたちとのキャンプでの動画を作って、思い出会で子どもたちとその保護者の方にお披露目してきました。

ある保護者の方から、‘感動しました‘ と言っていただけ、すごく嬉しかったのです。

心が洗われたような感じで、また明日から頑張れます。

そう直接、言葉をかけてくださいました。

そのお母さん、ステキな方で、子どもにとってどうしてあげるのが幸せなんだろう。

これでいいのかなぁー。

と、日々たくさん迷っていたのが、動画をみてまた頑張ろうって思えたんだそうです。

でもねでもね、たまたま動画を作ったのは私かもしれないけど。

すごいのは、子どもたちが何か‘やりたい‘事に向かって一生懸命な姿と、そこまで支えてきたおうちの人たち。

キャンプでは、普段見せない子どもたちの表情や姿があって、そんな姿を写真で切り取って、おうちの人たちにお見せできる。

そんなお手伝いができたんだろうなぁと。

見た子どもからも、

音楽が感動した

って言ってくれる子もいて。

その時はうまく返せなかったけど、

音楽もステキな音楽を選んだのは私かもしれない(笑)けど。

ただ、その音楽を聴いただけでは感じない感動は、みんなの写真に写ったステキな表情とその音楽がフィットして、一つの世界ができたから。

これは動画を作るときの醍醐味。

なんだかわからないけど、写真や動画をみて感じるもの、みんなの良さを引き出したいーって思えたときに、‘キセキ‘が起こる。

今回は子ども自身でとった写真も多くて、音楽と合わせていくと、そこに何とも言えない、感動がある。

びっくりする音楽と写真がハマる瞬間が何箇所か出てくる。

今回はたくさんその瞬間があって。動画作っている間も、確認しながら、子どもたちの様子に、何回も何回もジーンとくるんですよ。

ときには大爆笑いながら、ときにはかわいさをかみしめながら、眺めています。

だいたい、動画を作ったあとは、その音楽をエンドレスで聴きながら、思い出に2週間くらい浸っております。

動画作りってちょっと時間がかかるけど、できたときの感覚ががたまらん。

そんな話を周りの人にして、Mac bookを買わせる。笑

時間作ってまた動画作ろう〜

先日の子どもたちとのキャンプの思い出動画を作り、みなさんに見てもらい、保護者の方からも購入したい!といっていただけ、静かに喜んでいます。 そんなテンションのまま、次の動画を作りはじめました。 ...

🔼過去のiMovieでの動画作り

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら