自分の心境の変化を感じる〜レジリエンスとアプライドインプロを学んだからこそ感じるこの変化〜

この一年は、なかなか心から笑えない一年でした。楽しくなかったわけではなく、振り返ってみると、とても充実していたんです。

だけど、どこかクールぶってみたり、真面目ぶってみたり、おとなしくしてみたり、自分自身を抑え込んでみたり、怒ってみたり、人の前でも泣いてみたり。

ありがたいことに、家の中ではケラケラ笑ってて全く無理することはないんですが、外の世界に出ると、今までの私からすると、笑う機会が少なかった。

今日はとても自分の心から笑えたなぁ〜とか、無理してないなぁーって思えた。

この感じを感じられたのは、アプライドインプロを学んだり、レジリエンスを学んだからこそだなぁと、本当に思います。

それについて少し綴っておきたいと思います。

落ち込んだ昨年2月〜5月くらい

小さく積もってきたモヤモヤ、仕事での失敗や、私にとっての人から全否定があり、本当に一人で悔しくて泣いていた。

自分がイメージしていることが何一つうまくいかず、どうすれば良いのかわからない日々。

そこに、認めて欲しいのに、認めて欲しいことを誰からも認められない。

やっぱり自分はダメなんだ。認められないんだ。

ってそんな気持ちで、はっきり聞こえるそうなくらいの勢いで、私のこころの扉がバタンと閉じた春。

私のキャラもあってか、近くの人たちは多少わかっていたと思うけど、他の人には全然気付かれていない感じだったけど、私の中では、心の底から笑えなかった。

フンッ。とか、乾いた笑いだったり、苦笑いだったり、そんな笑いが続いた。

学びに行っているはずの講座でも、どこか冷めた目で見ながら、参加していた。(すみません)

人生の底ではないけど、かなり落ち込んだ。そして、そこからなかなか復活できずにいた。

自分がしたい!って思っていたことに向かって全く行動できず、ただただ、ネガティブな感情に負けていた。

ブログを始めて、自己効力感が高まった、4月〜8月

以前からやりたかった、‘発信‘。

自分がやってみたかった方法で、自分の場所ができたこと。

そして、立花B塾の講座でブログを継続して書くことを学び、ここまでで308日継続できたこと、

いつもは1〜2ヶ月坊主の私が、4ヶ月くらい続けられた時点で、それだけで、‘私ってできるんだ‘ ‘できている‘って気持ち、自己効力感がすごく芽生えてきた。

その時はまだまだブログも何を書いたらいいのか?とか、学びのことで書けない!!って思うこともたくさんあった。

いろんな考え方があるけど、私は‘ブログ‘という自分の場所を作ることで、やりたいことを実現したいって思っている。

発信することで、いいねって言ってもらえる人たちとともに学びの場を作りたいって思っている。

もちろん、まだまだそんなところまでは進めてないんだけど。

だけど、着実に一歩一歩進んでいるんだって気持ちができたのご復活の第一歩だった。

レジリエンスを学んで、落ちこみが理解できた8月〜12月

いろんな偶然が重なって、受けることができたレジリエンス講座。

この講座のおかげで、自分がなぜここまで落ち込んだのか、どうやって復活していくといいのかを学んだことで、さらに復活していく。

もちろん紆余曲折、落ち込むこともあったけど、レジリエンス日記をつけ、落ちこみすぎず、小さく復活していく。

自分の強みもたくさん意識した。

私にあるもの。

希望、向学心、好奇心、感謝の心などなど。自分自身にはいいものがある。そもそも自分という人を認めることができるようになってきた。

私が持っている強み。

話を聞いてくれる人、何も文句も言わず関わってくれる人、周りにいるたくさんの人に支えてもらっていること。

私ができる強み。

毎日継続する力。書くこと。作ること。伝えること。実行でき始めていることが増えたこと。

大好きなこと、もの

書くこと、作ること、マルタという国、伝えること

そんなことをブログを通して、そして、たくさんの人が関わってくれることで、少しずつ元気になり、活力が湧いてきたんです。

それもレジリエンスを学んで、より具体的にわかった。

すごく落ち込んだりもしたけど、レジリエンスに出会えたことで、去年一年を楽しく乗り越えられ、むしろ、そのきっかけだった出来事にも感謝さえできるようになってきた。

アプライドインプロとともに学ぶ仲間にさらに元気をもらった、1月〜2月。

1月のアプライドインプロ合宿とシンポジウム。

年に1回とかしか会わないんだけど、ともに学んでいる時間がすごく濃い。

そして、私が教育って面白いって思えた2つ目のきっかけでもある、アプライドインプロとファシリテーション。

やっぱり楽しいし、たくさん学ぶ。

もっと伝えていきたいなと改めて思った。

アプライドインプロでは、自分のマインド、あり方がたくさん問われる。

思いを伝えていく人になるために、自分のマインドをしっかり学ぶ。そして、心を開くトレー二ングをする。

いつもはこの楽しい場所と、現実とのギャップに凹みまくるんですが、今回は、やっと凹まず、現実すらも受け入れられるように。

今は地に足をしっかりつけて、一歩一歩走ってみる。

理想もみるけど、目の前の現実にYes, andする。

本当に進めているのかすらもわからないけど、でも0.1%の努力を毎日して、成長していける。

ひどく落ち込んだときも、いきなり起こったわけではなく、小さなストレス、ネガティブなことが少しずつ溜まっていって、引き金が引かれたように、深く落ち込んだ。

反対に、復活していく(レジリエンス)力も、小さな楽しさ、ポジティブさ、できた感によって、復活していき、突然爆発するように、もっと元気に、活力が溢れてくる。そして、新たな行動へとつながる。

この一年くらいを振り返って、そんな感じがしました。

もちろん、私はもっともっと成長したいし、しなきゃいけない。人の力を借りてみたりして、

最近、周りの人に言われること。すごく嬉しいんですが。

力が有り余ってるんだね。

もっと使えよ!って思われるかもしれないけど、私自身は、もっと私はできるかも!!って、そう思える言葉を一人ではなく、何人からもらえたこと。

それがとても嬉しいし、なにか新たなことにチャレンジできそうです。

そして、3月18日に、この私の復活に大いに活躍した、レジリエンス力について、勉強会をします。

【レジリエンス勉強会@吹田 開催のご案内】 〈開催日程〉2018年3月18日(日) 13:00〜16:00 〈場所:〉阪急 千里山駅より徒歩5分(詳細はお申込みをいただいた方にお知らせします。)

4月21日にも、2回目をする予定です!この時は英語も少し。

またお知らせします!

もっと素敵に進化していけたら!と思っています〜。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら