huluで英語を楽しく学ぶ

huluを見はじめて、約4年。もともと、英語を聞きたくて、インターネットでいろいろ調べていて、”Huluで英語学習”というフレーズをみて、huluをはじめました。

社会人になっても英語を聞く理由

個人的には、大学は言語関係を学んできました。大学受験でも、自分なりに英語を学んできました。

ですが、大学2年ではじめて行った海外のアメリカで、全然話せなかったんです。

そのときはじめて、reading,writingの勉強は頑張ってきたけど、speakingの学習をしてこなかったと気づきました。たくさん悔しい思いもしたけど、そこから聞く、話す練習始めましたが、なかなか続かなかった。

大学4年の時に7週間のヨーロッパ一人旅したりして、ホームステイとかして、最低限は会話していたんだと思いますが、自分で納得が全然できていませんでした。

周りの友人の影響もあり、もっと話せるようになりたいとずーっと思っていました。

Huluで英語を聞き始めて、はじめて毎日聞けるようになった

自分でもびっくりしたのですが、huluをはじめて、自分の見たい海外ドラマを見つけたことで、毎日英語がきけるようになりました。

「なんとかして英語をきいて勉強したい」とあせる気持ちから、「早くドラマを見たい!」→結果として、毎日英語を自然ときけるようになった。

とにかく、楽しかったんです。この「楽しい!」っていう気持ちが学びのモチベーションですよね。学びのファシリテーターとして忘れてはいけないポイントに気づかせてもらえた瞬間でした。

最初はほとんど聞けなかったけど、同じドラマを何回も聞くことで少しずつきけるようになってくると、字幕なしで聞いてみたくなりました。

まだまだ、英語も発展途上ですが、Amazon Primeも活用して、継続してさらに学んで行こうと思います。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら