Hapa英会話セミナーでの学び その2〜【第1部】『英会話の土台を築く』挨拶〜

Hapa英会話セミナーでの学び その2で、第1部で学んだ挨拶について、ご紹介します。

HowとWhatを使った挨拶について

HowとWhatを使った挨拶とその答えを書き出してみましょう。

という問いに、私はなかなか出てきませんでした。

ぜひ、下を見ずに書いて見てください。

模範解答(How)

  • Howを使った挨拶

    -解答例

    ~相手に聞き返すとき

の順です。

  • How are you doing?

(より自然な挨拶/カジュアル、フォーマル)

-I am doing well.  I'm (doing) good.

※文法的にはwellの方がふさわしい。

~How are you doing?
  • How’s it going?

(カルフォルニアでよく聞く/友達、初対面の人)

-(I'm) Good/ Great/ OK / not bad/I’m all right.

~How's it going with you?

模範解答(What)

  • What’s up?/ What’s going on?

(親しい間柄/カジュアル、フォーマル)

-Not much./Nothing much./What's up?/ What's going on?


~What's going on with you?
  • What have you been up to?[What chu been up to]

(久しぶりに会う人)

-I've been good/ busy.


~What have you been up to?

改めてフレーズを確認して、いざペアワークをすると、意外とスッと言えません。

with youが必要だったっけ??

とか

goodがいいんだっけ、wellだったっけ??などなど。

まずは人と会話したり、口を動かしたりして、無意識に言えるようになるまで繰り返したいですね。

続きます。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら