長年乗っていたBRIDGESTONEの自転車との別れで自転車への愛を語る〜新たな自転車購入…〜

自転車っ子だった私は、高校時代から片道8kmを、大学時代は、大学最寄り駅から大学まで、3つの丘を登って約4.3kmをほぼ毎日通っていました。

高校時代は高校よりさらに遠い場所まで、家から片道約9kmまでトランペット習いに行っていた時期もありました。

社会人になってからは短いながらも、3.2kmの距離を自転車で走っていました。

高校時代から電車通学するのと比べて、格段に安くつくので、BRIDGESTONEの、しかもアルベルト(チェーンじゃないやつ!!)を買ってもらいました。

大学時代も最初の3ヶ月はその自転車で、丘を登っていました。

その後、また4年間のバス代と比べたら格段に安くつくので、電動自転車を買ってもらいました。卒業後、電動自転車は、友達に譲りました。

社会になってからも、一駅分自転車で行くことになるので、割安になるということで、BRIDGESTONEの自転車(2号)を買ってもらいました。(振り返れば、そろそろ自分で買えよという感じですが)

BRIDGESTONEの自転車は、タイヤがよくて、とっても走りやすい!

なので、BRIDGESTONEの自転車、とっても大好きでした。

楽しいときも悲しいときもいつも一緒。笑

そこからウン年。

ついにBRIDGESTONE2号が、ガタゴト言い出して、みてもらっても、タイヤの寿命、、ということで、サヨナラすることに。

しばらく粘って、使っていたけど、ガタゴトの音が、ハンパじゃなく、私が通ると人が振り返るくらいの音でした。笑

まさかのパートナーも少し前に自転車が壊れ、中古で買ったのがBRIDGESTONE。

同じ店に行ってみたけど、安いBRIDGESTONEはなさそうだったので、普通の自転車に。

珍しく赤に!(写真がない)笑

悲しいけど。

BRIDGESTONEの自転車、いい思い出をたくさんありがとう。

そして,買ってくれた両親にありがとう。

たまに、、、、借りよかな。笑

そして、買った自転車の鍵。2つのうちの一つ。

まさかの…  曲がっていた。。。

そして… 戻そうとしてくれたけど、折れた。。。。

自転車屋さんに、なんとかしてもらおう。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら