言われて嬉しかったコトバ

今日も嬉しいことがありました。

以前からお世話になってる先生と、ひょんな事からお会いできることになって。久しぶりにお会いできただけでも、嬉しすぎたのですが。

いろんな教育の話をする中で、

ちょっとがんばろうって思った」って。

そんなコトバもいただけて、本当に嬉しかった。

外から学校の現場にかかわる中で、私の立場でさえ、いろんな矛盾とか、びっくりすることとか、たくさんあるんです。

ましてや、そんな中にいる人たちはもっともっとたくさんもがきながら、それでも子どもたちの学びを応援したいって変革しようにもたくさんの壁があったりして、たくさん戦っていて、もういやだって思うことがたくさんあるんだと思います。

だけど、そんな中でも教育への思いと思いが重なった時、やっぱり教育って面白いんだって思えるんだと思います。

今日はそんな瞬間でした。

私にとってもそんな時間で、正直、なかなか普段、話をしていても共感してもらえないことが多くて、共感してくれる人たちって、このせちょっと異端児(本当は特別でもないと思うのですが)で。笑

思いに共感してもらえること、そして、そんな人たちと一緒に頑張れることが私のモチベーションだなと感じました。

まだまだ、教育の話までかけていないですが、最終的には、この場所が、学びの場をつくる人たちが教育って面白いって思える場所になればなって思います。

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら