自己効力感を高める4つの要因〜『世界のエリートがIQ・学歴より重視「レジリエンス」の鍛え方』から学ぶ その4〜

今回は、『世界のエリートがIQ・学歴より重視「レジリエンス」の鍛え方』より、学ぶその4。

以前にも自己効力感のことは少しだけ書きました。

私の中の一つの学びのテーマが自己肯定感。というのも、私自身が自己肯定感が低いって思っていました。そして、出会う子どもたちからの声で、どこかあきらめていたり、どこか楽しそうじゃない姿を見て、悲しい気持ち...

第三の技術『やればできる』という自信を科学的に身につける

心理学的には『自己効力感』と言われるものです。

自己効力感とは、ある目標や行動に対して『自分ならやればできると感じる度合いを表すものです。

【自己効力感を養う四つの方法 】

◆実際に行い成功体験を持つこと (直接的達成体験 ) → 「実体験 」

◆うまくいっている他人の行動を観察すること (代理体験 ) → 「お手本 」

◆他者からの説得的な暗示を受けること (言語的説得 ) → 「励まし 」

◆高揚感を体験すること (生理的 ・情動的喚起 ) → 「ム ード 」

たしかに落ち込んでいるときは、どれもできていなかったなと感じます。

本の中では具体例など、詳しく書かれています。

グサッと心に刺さったコトバは、

英語ができないという人は、実体験がたりない!

わかっちゃいるけど、できていないことです。

レジリエンスで学ぶことはすべて、わかったではなく、実践してみる!!っていうことが、大切だなぁと本や講座を通して感じました。

最近は一つ目の技術にある内容をレジリエンス日記としてつけています。それをするだけで、気持ちがだいぶスッキリしました。

ぜひ、気分がおちこんだとき、イライラした時などに、一つでも二つでも実践してみてください。

 

こちらもどうぞ

このブログを始めた頃の私はひねくれの絶頂であり、ネガテイブなオーラしかまとっておらず、いろんなことに心が折れていました。 一応、何かやるけど、何をやっても無駄だと思ってたし、教育に対してもどん...
**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら