レジリエンスマッスルを鍛える〜幸せな時間から学ぶ〜

日はレジリエンスを教えてくれた、友人と半年ぶりの再会。

私はレジリエンスを知ったおかげで、気持ちのバランスや捉え方をより具体的にイメージすることができるようになった。

昨日は楽しい話をしながら、レジリエンスの話もたくさんできた。

私の普段の生活の中にも,まだまだたくさんネガティブ感情に振り回されて、苦しいことがいっぱいあるとたくさん発見がありました。

そして、最大のレジリエンス体験(一番しんどかったことを乗り越えた体験)をお互いにカミングアウト?しながら、泣かないつもりだったのに、私は自然と涙がでできた。

あ、これが私をまだ苦しめていたんだーと感じることもできました。

その私が人生最大のつらかった話はまた、ブログで書いていこうと思います。

話の中で出てきた強みカード。自分のココロに聞きながら、並べてみることに。

強みを知り、レジリエンスマッスル(レジリエンスの筋肉)を日々意識しておくことで、またココロが折れたり、辛い時にレジリエンス(逆境力)の力を発揮しやすくなるから。

レジリエンスという言葉を聞いてもイメージがわかないかもしれない。 簡単にいうと、逆境に立ったとき、辛いときがあったとき(ココロが折れたとき)に、しなやかに乗り越える力のことです。日本語にはしにく...
完全にココロが折れたときになかなか復活できなかったので、レジリエンスを学ぼうと思ったのですが、レジリエンス講座で、その出来事を振り返って、自分にどんな感情か現れたかを、オウムを使って学んてきました。 ...

🔼以前の記事

🔼 レジリエンス講座のときに選んでもらった強みカード

どのカードも嬉しかった。自分で選んでみると意外とトップ6に来ていないものも?

🔼 自分が思う強みカード24枚を順番に並べてみた。左上から下へ、一列右の一番上からまた下へ…一番右下が最後。

まだしっくりこないところがあるけど、直感で自分の強みと思うことをまずは見える化。

迷わず選んだのが、向学心・学習意欲。まさにこのブログのテーマ。

学ぶことが楽しいし、学べるものはどんどん吸収したい。

学ぶ楽しさも伝えたい。

あとは、感謝。

ここにいられること、周りの人のおかげだなと思うから。

適当な時間を空けて、また強みカードを並べてみよう!

本当、昨日は愛に溢れすぎた時間で、二人でオキシトシンを出し合いながら、幸せなながーいハグ。

人通りの多い新大阪駅構内で、オキシトシンの出まくったハグに周りの人からめっちゃみられていた気がしますが(笑)、それだけ幸せな時間だったということです。

本当にありがとう!感謝!

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら