アプライドインプロ体験できるイベントin 沖縄〜これからの教育を考えるシンポジウムとワークショップ〜

2018年1月7日〜8日、沖縄でアプライドインプロを体験できるイベントがあるので、少しご紹介します。

以前に書いた、ファシリテーターマインドを一緒に学んだメンバーが大集結します!

アプライドインプロとは

簡単には言いにくいのですが、Improvisation(インプロ=即興劇)をapply(応用する)ということ。さまざまインプロの手法を応用して、行動心理を学んだり、自分のココロのクセと向き合ったりしていくワークを行います。そして、その手法やマインドを活用して、授業や会議などの場づくりを行うファシリテーターとして、立ち振る舞っていくことを目指します。

と言ってもわかりにくいかと思うので、ぜひ体験しに来てください。笑

私も分科会を担当させてもらうことに。

私がアプライドインプロを使って、今やりたいことは、英語のアウトプットをすることのお手伝い。

なぜなら、自分が欲しかった場だから。

私は言語フェチなので、言語を学ぶのが好き。だけど、まだまだしゃべれないから、今も英語を学び続けている。

その学びの中で感じることが、アウトプットの少なさ。

大学2年で初めての海外、アメリカに行き、自分の英語がこんなにも話せないんだって初めて気づいた。

あれだけ英語の勉強をして外国語大学に入学したのに。

あの時のショックは、今でも忘れられない。

でも、話せなかったのは当然。

文法をたくさん学び、たくさんの英語を読んで、たくさん英語を聞いてもアウトプットが少ないから話せない。

さらには、間違いが怖かった。プライドが高く、自分ができないと劣等感にさいなまれる。

英語を学ぶ時って、話しても間違えたらどうしよう。うまく話せないから嫌だ。とそんな気持ちがまだまだ多いんじゃないだろうか??

少なくとも私もそうだったし、まだまだその気持ちが抜けていないときもある。

2020年に指導要領の改訂で小学校の英語も必修化となり、今まで英語を教えることのなかった小学校の先生も英語の力が必要となっていく。

英語話せない・・・という気持ちが少しでもあると、教室でもその空気感が出てしまう。

だから、まずは抵抗感を少しでもなくせないか?

それが今回のテーマです。

間違いながら、英語のアウトプットトレーニングにチャレンジしたいなと思っています。

アプライドインプロの手法、マインドを使って、短い時間だけど、今ある自分の力を出せるようなそんな時間になればと思っています!

ということで、2018年1月7-8日。ぜひ一緒に沖縄に行きませんか〜?

他の分科会も楽しみ〜

詳細はこちらから。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら