”講師”ほど自分のココロと一致して思いを大切にしたい

私も人の前でお話しさせていただくことが多いのですが、講師として、どんな気持ちで届けるか、それがどう届くかにも影響する。

いつもそれを意識しています。

存在するだけで人に影響する。

何も言わなくても、その人の気持ちって他の人は敏感に感じる。

すごいいいこと言っていても,本音ではそう思っているのかな?とか。

自信がなければ、相手は不安を感じるだろうし、

こちらが相手のことを見ていなければ、相手に伝わり、そっぽむいてしまうかもしれない

でも見栄を張りすぎて、ココロと一致していなかったら、伝わらない。

これに気づかせてもらったのは、アプライドインプロのおかげ。

だから、まずは自分の気持ちと向き合って調整をする。

どんな気持ちで伝えようか。どんなことを伝えようか。

現場のイメージをしながら、伝えることと気持ちを一致させよう。

私が届けるたい気持ち。

今週末、一つ子どもたちの前で話す機会があります。

”誕生学”というプログラムを届けます。

また詳細はかけるときに書いてみますが。

本当に私たちのいのちがここに存在できているってすごいこと。

いのちってすごい。

私たちが生きていける力も持っている。

ココに生きているってすごい。それだけでたくさんのチャンスがある。

そんな気持ちをココロにしっかりもって伝えたい。

私は、とある経験から”いのち”というもののありがたさをすごく感じる。

目の前にいる人が存在するだけですごいことだから本当に。

とそんな気持ちを大切にしながら、今日と明日で最後の作戦会議をしていきます!

どんな子どもたちに出会えるのか楽しみ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!