“まほうのレシピ”(Just Add the Magic)で”話せる”英語学習法〜Amazon Primeの英語字幕機能を有効に使う〜

  • 2017年10月12日
  • 2020年9月6日
  • 英語

英語を話すために最適な学習法は、ネイティブの会話を聴き、使えるようになることです。

そのネイティブの会話を聞くのにおすすめなのが、海外ドラマや映画です。

その中でもまだ英語に慣れていない人におすすめなドラマが、Amazon Prime VideoのKids向けのドラマ、”Just add the Magic”(まほうのレシピ)です。

英語学習にオススメの子ども向け/大人向け海外ドラマ・映画〜Amazon Prime/Huluで自然な英語をたくさん楽しくインプットして英語に慣れる〜

▲ 参考:これまでに私がみてオススメだった海外ドラマや映画について書いています。

私自身は海外ドラマを見ることで英語を聞く力、”生きた英語”をたくさん知ることができ、英語力がこれまで以上についたのを実感しています。

これまで、何十回とみてかなりのフレーズを学びました。その学習法、オススメの理由をご紹介します。

”まほうのレシピ”がオススメな理由

数あるドラマの中でも、”まほうのレシピ”がオススメな理由は、英語がわかりやすいことと、日常会話が多いこと、そして何よりもシンプルに面白いことです。

“まほうのレシピ”のストーリー

まほうのレシピ(Just Add the Magic)は、3人の女の子たちが繰り広げる魔法のお話です。

3人の女の子がある日,魔法の料理本を見つけます。

“Just Add the Magic” という意味にもあるように、その料理本に書かれている通りに料理を作って、魔法のスパイスをちょっと加えるだけで、魔法の料理になるのです。

しゃべれなくなったり、透明になったり、探し物か見つかったり、さまざまな魔法を使いながら、さまざまなトラブルを乗り越えていきます。

家族や友達同士の日常的な会話や、料理の単語などを聞くことができ、生きた英語を学ぶにぴったりなのです。

若干ネタバレ感もあるかもですが、Amazon Prime Videoの予告動画です。字幕をつけてぜひご覧ください。

▲ season 202 。雰囲気をご覧ください。

▲ season 302。ここで主役の3人が変わります。

▲最新シリーズ。

”まほうのレシピ”がオススメの理由

この”まほうのレシピ”がオススメの理由としては、内容がシンプルに面白いのはもちろんですが、それだけでなくだけでなく、英語がわかりやすいということです。

このストーリーに出てくるのは、最初だと中学生くらいの子たちが中心なので、英語が少し聞きやすいのです。

Gossip girlなどニューヨーカーはしゃべりが早いので、初心者にはあまりオススメではないのですが、このまほうのレシピはまだ聞きやすい方だと思います。

また、友人同士の会話や料理を作る時の会話など、日常生活や料理の話が中心なので、すぐに使えるフレーズがたくさんあります。

なので、まだ英語に自信のない方にもオススメです。

最初はわからないかもしれませんが、少しずつ聞こえるようになるので、楽しく聞きながら続けていきましょう。

魔法のレシピを使った英語学習法

単純に英語を何度も聞くだけでも効果はありますが、さらに英語力を高めるための方法をご紹介します。

一番のポイントとしては、続けること、たくさん聞くことです。

その上で以下の方法で学ぶのがとてもおすすめです。

1、まずは字幕ありで何度も見る

まずは楽しく見ることがオススメ。楽しくないと続きません。

言語は続けないと忘れてしまうので、何回も見て英語に慣れていきます。

1回目はシンプルに英語を日本語字幕でストーリーを楽しんで聞いてみましょう。

一度見てストーリーがわかったら、”ながら聞き”することもおすすめ。

私は家事をしながら、寝る前に聞いたり、通勤しながらや自転車に乗りながら聞いたりしていました。

Amazon Prime Video では、ダウンロードもできるので、聞きたいものをあらかじめダウンロードしておけば、通信料金の心配もありません。

とにかく何度も聞くことで耳が慣れていきます。

まるで英語をBGMとして聞くことで、気がついたら英語が聞けるようになります。

2、わからなくていいのでシャドーウィング

一度ストーリーを理解できたら、2回目以降はシャドーウィングをします。

シャドーウィングは、ネイティブの人たちが言っている声を重ねるように、真似をしながら、口を動かします。

うまく言えなくてもオッケーです。真似をして口を動かしてみることが大切。

最初は全く言えないかと思いますが、とにかく口を何度も動かして慣れていきましょう。

何度も聞きながら気が向いた時のシャドーウィングでもいいので、英語のリズムを口に刻んでいきましょう。

3、英語の字幕を見ながら口に出して読んでみる。

以前はできなかったのですが、今は英語の字幕を出せるようになりました。

▲ 字幕と音声の設定ができます。(これはパソコン画面)

この英語字幕を利用しない手はありません。

シャドーウィングの時にはなんと言っているかわからなかった言葉も、文字で確認ができます。

字幕を見ることで、”そう言っていたんだ”と聴くだけでは分からなったフレーズがより正確にわかります。

もしわからない単語があれば、調べていきましょう。

その上で改めて、その英語の字幕を見て登場人物になりきって話してみましょう。

完璧にしなきゃというよリかは、興味のある言葉やフレーズを見つけてたくさん読む練習をしていきましょう。

4、自分の言葉として自然と言えることを目指す

最後は見つけたフレーズを少しずつ覚えていきましょう。

こんな場面で使えそうとかイメージできればいいですし、フレーズの単語を少し変えたりして、自分の言葉にしていきましょう。

例文を覚えても話せないのは、自分の言葉になっていないからです。

シャドーウィングに戻っていいですし、何もなしにそのフレーズが言えるか、口に出して確認していきましょう。

覚えたフレーズの単語を変えてみたり、違うフレーズと組み合わせて文章を作ってみたりすることで、自分の言葉になっていきます。

そして、そのフレーズを実際に使っていくことが大切です。

とにかく毎日、家や電車で聞こう

英語は聞けば聞くほど、話せば話すほど力がつきます。

スマホやタブレットアプリなら、ダウンロードもできます。

▲ ダウンロードできる数に制限はありますが、聞きたいものをあらかじめダウンロードしておけば、通信の容量制限も気にすることなく、いつでもどこでも聞くことができます。

まとめ

“まほうのレシピ”のおすすめな学習方法をご紹介しました。

今英語を学ぶのにいろんな情報が飛び交っていますが、一番大切なのは実際に話してみることです。

そのためには、たくさんのインプットをして英語に慣れ、自分の言葉でアウトプットできるように毎日英語に触れるようにしていきましょう。

私はほぼ毎日英語を楽しく聞いています。

無理なく、一日10分でもできる時に楽しく聞いてみてください。


こちらもどうぞ

英文法が苦手で英語が話せないと感じている人が、毎日15分3ヶ月で、基本文法を使える英語として身につけるコツ – Marikoさんの学ぶ日々

英語のフレーズを覚えるのに使えるアプリ〜Vocabrary cards for Evernoteの使い方〜 – Marikoさんの学ぶ日々

英語を話すためのマインドを作る〜なんでもいいから話す/どんどん話す〜 – Marikoさんの学ぶ日々

英語を話すための基礎知識その1〜Be動詞は2つのモノや状態がイコールになるときに使う〜 – Marikoさんの学ぶ日々

英語を話すための基礎知識その2〜Itが主語になるBe動詞の使い方〜 – Marikoさんの学ぶ日々

最新情報をチェックしよう!