Amazon プライムビデオで生きた英語を学ぶ〜まずはインプットを増やす〜

社会人になってから、改めて英語を学びたくて、どうしようかと思っていたときに、海外ドラマ面白いよと教えてもらい、そこから、4年くらいずーっと海外ドラマを見続けています。

まだまだですが、以前より英語が話せるようになったような気がします。

どんな風に海外ドラマを見ていたかご紹介。

海外ドラマでとことんインプット!

私が海外ドラマをみてよかったと思うことは、生きた英語をインプットできたこと。

特に、学校の教育の教科書や、参考書などの英語はたくさん学んできましたが、最初は、英語を聞いても全然わからなかった。

それは、日常的に使われている英語を意外と知らなかったということ。

まだまだわからないフレーズも多いけど、だいぶ聞き取れるようになりました。

もちろんインプットだけではダメだけど。なにはともあれ、インプット。

海外ドラマは楽しく続けられてすごくよい。

海外ドラマを見ながら、どう学習するか。

1、ただただ、日本語字幕でストーリーを楽しむ

まずは毎日聞く習慣をつけました。当時は通勤の往復などでも見ていました。
今まで、リスニングって続かなかったけど、ストーリーがあるので、楽しく続けられました。

2、2回目以降は,できるだけ日本語字幕を見ずに理解できるかを試しながら楽しくみる

ストーリーを知っているので、楽しくみながら、時折、日本語字幕を見ない時間を作りながらみる。あとは料理しながら、ただただ英語を聞いたりもしていました。

3、ドラマのセリフを真似する。

見ながら、セリフを真似する。いわゆるシャドーイング。最初は口が全然動かないけど、ちょっとずつ動くように。

4、日本語字幕なしでも見てみる。

できるときは日本語字幕なしで見る。

こんな繰り返しをしています。

今後の課題。

インプットの量はかなり増えたので、アウトプットの時間をもっと増やすこと。

シャドーイングだけではなく、自分が言いたいことを人に伝えてみること。

その機会が圧倒的に少ない。

独り言で英語でいま言いたいことを言う練習は少しできているが、今度は人と会話する機会を増やそう。

ますます進化するぞ!

こちらもどうぞ

英語学習にオススメの子ども向け/大人向け海外ドラマ・映画〜Amazon Prime/Huluで自然な英語をたくさん楽しくインプットして英語に慣れる〜 – Marikoさんの学ぶ日々

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

私が関わっている『未来をつくる教育フォーラム2019』が東京 御茶ノ水で
2019年10月6日(日)に開催されます。

テーマは『未来を切り拓く人財育成のために・・・』

教育関係者や保護者の方におすすめプログラム!
・アントレプレナーシップ(起業家精神)を身につける実践紹介
・Social Emotional Learning(SEL)の取り組み紹介

親子(小学生)で一緒に見て、聞いて、体験してほしいプログラム!
・子どもたちが自分の意見を発表し、議論する『白熱会議』×『未来同窓会』by 下村健一氏 (モデレーター)
・2020年から必修化!小学生向けプログラミングのワークショップ!
 小学生が実際に参加できます。また、ワークショップの時間以外にも
 教育関係者・保護者向けに相談体験会を実施します。

詳細はこちら▼
「未来をつくる教育フォーラム」は今年で3回目を迎えます。今回は、常に世界を意識して教育活動を展開されている方々の活動報告と、実際に体感もできるプログラムが実現! 「未来をつくる教育フォーラム2019」で、世界標準の生きる力を育むシーンに触れてください。
皆様のご参加お待ちしております!!
***************************************

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら