点を取るために

残り試合7試合になりました。このままでは2位も危うくなってきそうなので点を取るためにどうすればいいか考えて見ました。①機動力を活かす。これは阪神の課題とも言えますが機動力を使いチャンスを広げる事、具体的には盗塁、バスター、ヒットエンドラン等でしょうか。足を絡めて点を取るなかなかチャンスの作れない現状の阪神に必要ではないでしょうか。②カウント関係なしにとにかくストライクゾーンを振る。阪神の選手の多くに言えるのですが相手投手がボール先行すると、ストライクの甘い球を見送る事があります。とにかくストライクゾーンは空振りでも良いので振って欲しいです。③空回りでも良いので気合いを入れる。声を出す、掛ける。負けている試合で感じるのですが…黙々と、淡々と試合が進んでる気がします。円陣を毎回組むような感じで、空回りしてても良いので気合いが伝わって欲しいです。あくまで個人的な要望なので…おかしいかもしれませんが最近の試合は不甲斐ない感じがしたので思った事を書いてみました。明日から横浜と試合、応援してます!!

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら