パワフル大学生と楽しくプチモーニング〜ザ シティ ベーカリー UMEDA 〜

もうすぐアメリカへ留学する、パワフル大学生と留学前になんとか滑り込みでカフェに行ってきました。彼女のパワーとマシンガントークがすごすぎて、いっぱい笑って、元気もらった、すてきな時間でした。

↓衝撃??画像!注意!

🔼今回の主役。学校ではファンも多く、取り巻きもいるらしい。そして、いっぱい考えて、頭の回転もいい、楽しいどいちゃん。

グランフロント大阪 うめきた広場 B1Fにある、ザ シティ ベーカリー UMEDA

せっかく、梅田に行くので、お店をさがして、NYのお店は”Sex and the City”でも出てきたお店だったので、行ってきました。おしゃれなカフェ。平日でしたが、かなり混んでいたので、カウンター席でした。

モーニングもありますが、10時過ぎだったので,カフェにしました。

人を呼び込むどいちゃんとのオモローな時間その1〜座って1秒で、初対面の人に営業開始〜

どいちゃんとべらべらしゃべりながら席へ。席に座ってさぁ。って思ってどいちゃんの方を見ると、なんか、こっちに視線がない。話そうと思ってもなんか遠い感じ。笑

よくよく見て見ると、まさかの座って1秒で私のことを無視して、反対側にいる知らん人と話し始めてる。笑

ッッッ!!絶賛、営業中。

🔼ちょうど席に向かいながら、このカメラの話をしていたので気になった隣の方が声をかけてきたよう。

その話を聞いていた人から、『それ何ですか?』と声かけられ、まさかの、私そっちのけで営業してはりました。

私も人から話しかけてもらったり、話したりするのが好きな方なんですが。座って1秒。全くついていけず、ただただ、きいていました。悔しい!!もっと私もぐいぐい喋りに行けばよかった。

どいちゃんの人を引きつけるパワーに感動しました。

人を呼び込むどいちゃんとのオモローな時間その2〜料理を食べずに写真撮りまくる〜

そして、営業が終わってから私と写真大会。もっと綺麗に撮りたいなぁ〜と葛藤しながら。

お皿の位置を変えながら、ぼちぼち撮れました。こんな瞬間、とても楽しい。

🔼影が強かったので、携帯のライトで調整してみたり。楽しい。 洋梨のポタージュらしい。美味しかったそうですが、私はチャレンジできない。

人を呼び込むどいちゃんとのオモローな時間その3〜コミュニケーション力、プレゼン力を学ぶ〜

どいちゃんの高校時代の武勇伝??を聞く。あんな大きな規模の学校で、『どいさんですよね!』と先生からも、同期からも声をかけられ、誰っ!!?ってことも多いみたい。

プレゼン力がすごすぎるから、尊敬されまくる。『どいさんみたいになりたい』

とっても洞察力がすごくて、相手を見てプレゼンしてるから、ファンもできている。学校の先生との付き合い方もプロ級で、駆け引き上手。本当に影響力を持ったヒト。

私もどいちゃんのプレゼンで危うく、カメラええのん買うところでした。笑

そして、この三脚とこのカメラを勧められ、ちょっと悩んでいる。笑

でも楽しく騙されるのは大好き。それほど高くないし、買おうかな。楽しいカメラライフ!

人を呼び込むどいちゃんとのオモローな時間その4〜名言 『自分自身が商品』〜

どい先生がおっしゃったコトバ。

まさに、私が今目指しているところ。ブログをスタートしたのもそれ。

自分って、どんな人間??とか、どんなことが好きとか、どんなことが得意とか、とにかく、私自身を売っていくこと。自分のブランドを作っていくこと。

まだまだ自信がなくてできていないことも多いけど、自分自身を商品と思う。このおコトバを励みに楽しんでいこう〜笑

もうすぐ、アメリカへ留学するどいちゃん。


すでにパワフルなんやけど、たくさんたくさん進化して帰ってくるんだろうなぁと、この背中をみながら楽しい妄想。

またおかえり会しよーと言ったら、むしろアメリカまで来て!と誘ってもらい。私も海外行きたいぜーと思いながら、なんだか嬉しい気持ちに。

周りで海外いる人が増えて来て、私はどこからいけばいいのかしらと本当に迷う。

高校時代から、人一倍目立つ存在の彼女。完全に私たちと同世代の雰囲気ただよってる。
大学でも相変わらず目立つ彼女には、きっとファンもいっぱいいて、すごいと思われる存在なんだろうけど、どいちゃんはどいちゃん。彼女自身の気持ちの葛藤もすごくいい。

🔼VIJO軍団と同世代だと思っていたけど、まだ10代。これからも進化が楽しみだ!またアメリカでの武勇伝も教えてね、どいちゃん。

そんな彼女のインスタ

↑嬉しいけども、いやいや、私、かなりおとなしかった方やで??と主張してみる。

未来が楽しみ!

The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら