夏に絶好調になる選手バテる選手について

7、8、9月と暑い季節になると疲れからか調子を落としてしまう選手がちらほらと見られます。逆に暑い季節になると調子がよくなる選手もいます。この違いは何なのか、打者の場合、相手投手がバテているので日頃苦手としている投手でも打つ事ができ、打率をあげる事ができる。投手の場合でも同じ事が言えると思います。でもこれだけではないのではないか…と。例えば 阪神の選手の場合甲子園よりも京セラドームが好きだったり、後は暑い方が身体がほぐれて本領発揮できたりーとか考えます。まぁ他にも色々とあると思いますがこれも一つにはあるのではないかと思います。最後に余談ですが二段モーションで指摘された菊池雄星選手可哀想ですね…。

**************お知らせ***************

最後までお読みいただきありがとうございます。

【オンライン講座の受講者募集中!!】
辛い出来事が起こったときにしなやかに復活するココロの作り方!
レジリエンス×Yes,andを体験できる講座です。
詳細はこちらをご覧ください。▼
私自身、心理学の勉強をたくさんしてきましたが、それでもある時、本当に心がポキンと折れてしまい、やる気が起きず、笑顔にもなれずということが起きました。 『どうせ、やっても無駄やし』とか 『わたしになん...
***************************************

ライン公式アカウントを始めました!



不定期ではありますが、ブログの更新内容なども発信していきますので、ぜひご登録ください。

全ての内容にお答えはできませんが、ブログを読んだ感想やもっとこんなことを知りたい!などYes, andなリクエストもお待ちしています。

***************************************
The following two tabs change content below.
mariko

mariko

主体的な学びを引き出すファシリテーター。大学時代に教えるということに挫折し、教えるだけでなく、自ら学ぶ姿勢を育むことを大切にしたいと考えるようになり、子どもたちの主体的な学びを支援する、小学校や中学校へプリント教材ソフトを提供する会社に勤める。好奇心旺盛な性格を生かし、“楽しく学びつづける“ことをテーマに、ファシリテーションや心理学、学びの引き出し方をはじめ、その他の好きなこと(カメラ、旅、料理のことなど)を、わかりやすく楽しく発信している。 プロフィールはこちら