MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

おいしい氷なしハイボール(神戸ハイボール)の作り方〜オススメのグラス、ウィスキーと炭酸は?〜

ウィスキー

ハイボールといえは、氷でしっかり冷やしていただくものが普通かと思いますが、


氷が苦手!

ビールのようにぐびっと飲みたい!

という方に、オススメなのが!氷なしハイボール、神戸ハイボールです。

氷なしでも美味しくいただくために作り方のコツがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

氷なしハイボール(神戸ハイボール)とは?

諸説ありますが、神戸ハイボールは、もともと労働者の仕事終わりに喉が渇いていて、ぐびっと飲みたい!ということから、氷なしで作られたのが始まりと言われています。

本来、神戸ハイボールは、デュワーズのウィスキーで作るもののことを言われています。

そこからデュワーズ以外でも作られるようになってきました。

デュワーズ以外で作ったときは、神戸スタイルとも呼ばれるようです。

氷なしハイボール(神戸ハイボール)の作り方

  1. グラス
  2. デュワーズ
  3. メジャーカップ
  4. 炭酸の瓶(190ml)

を準備します。

1.デュワーズは冷凍庫に、グラス・炭酸は冷蔵庫で冷やしておきます

※ウィスキーはアルコール度数が高いため、冷凍しても氷らず、トロトロになります。

2.グラスに、デュワーズを70mL入れます

3.瓶の炭酸を逆さまにしてぐるぐる回しながら一気に炭酸を注ぎます

これで完成!シンプルですよね。

スポンサーリンク

作り方のポイント

ポイントは。2つあります。

ウィスキー・グラス・炭酸もしっかり冷やしておく!

氷のあるウィスキーは、氷で冷やし続けられますが、氷なしウィスキーは冷めやすいです。

そのため、グラス・炭酸もしっかり冷蔵庫で、ウィスキーは冷凍庫にいれて冷やしておくことが一番のポイントです。

炭酸は瓶にして一気に注ぐ

炭酸を注ぐときは一気に注ぐのがポイント!

ぐるぐる回すイメージで、しっかり泡が出るように入れていきます。

デュワーズ以外のおすすめウィスキー

デュワーズ以外にも、角で作るのもオススメです。

飲み比べすると、個人的には、デュワーズの方が好きですし、神戸ハイボール!と言われる理由がわかる気がします。

是非飲み比べてみてください!

スポンサーリンク

動画

氷ありハイボールと氷なしハイボール(神戸ハイボール)の美味しい作り方と、飲み比べをしてみました。

まとめ

神戸ハイボールは、氷の苦手な方や、ビールみたいにぐびっと飲みたい人にオススメです。

しかーし。

濃いのでものすごく酔います。

ほどよくおいしくいただきましょう!