MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

人の特性を受け止める

日々の学び


最近、YouTubeでもいわゆる“障がい者“の方やその家族の方が生活を公開しているのをよく見かける。

わたしはいつのまにか流れてきて、なんとなく見てたりします。

「障がい」といっても、状況は人によって全く違う。

私達が不便でないことも、不便なことがたくさんあると思うし、苦労もあると思う。

当事者の家族はその家族なりにもちろん大変なこともあるんだろうけれど、見ていると、必要な支援はあるけれど、特別なこととしてみるのではじゃなくて、その特性を受け止めてどうしたらいいかを考えて行動されてるんだなと感じる。

わたしが語るにはおこがましいけれど。

シンプルにその状況を受け止めて、できないことに目を向けるよりかは、なにができて、なにを手伝ってもらうのか、を考えているところが学ぶところだなと思った。

私たちみんな、得意なこと、苦手なことがある。

できないことを否定するのではなく、特性を知り、語り合い、楽しく過ごすことを考える。

特性がなにであれ、手伝いすぎてもよくないし、手伝わなさすぎても良くないし、そのあたりを会話できて支え合える関係が自然にできればいいなと感じま