最初は間違えてもいい。

学ぶときに最初に恐れることは間違えること。

例えば子どもたちに主体的に学べるようになってほしいと思ったときには、授業の他に、自分で学習するものを選ぶところからしてみてほしいと思う。

例えば自分の苦手を選ぶことをしてほしくても、選べないことはしばしば。

自分のレベルよりも高いレベルのものを学習したり。

そんなうまくいかないことはたくさんおこる。

でも、最初は間違えてもいい。

そこから学び自分の苦手な問題を自分で選べるようになっていく過程を応援していくのが大人の役割でありたい。

もちろん、そうやって関わるのって簡単じゃない。

それも最初からうまくいかなくてもいい。

何事もうまくいかないことからスタートする。

そこを楽しめるようなマインドでありたい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!