ずっと手放せなかった本を手放す

心理や教育の本を以前は読み漁っていました。

そして、行き着いた先が、

『みんな同じことを言っている』

ということでした。

違う言い方をしてるけど、みんなベースは同じ。

大切だって言ってることはみんな同じなんだと思ったときに、本を読むのをやめてしまいました。

でも、きっと本って私に新しいアイデアをくれるんじゃないかという期待から、なかなか捨てられずにいました。

捨てようとずっと積んでいた本。

数年ぶりに手に取ってみて、パラパラと見たら、全然ウキウキしない。

一部、ウキッとするものがあったので、それだけよけてみた。

まずは一歩手放してみる。

コレができればきっと次に新しいことが入ってくるはず、、、

そして、今手放そう!と思えたのも何か意味があるのかも!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!