折り合いをつける努力

小学生とかかわることが多くなり、“試される“ことが多くなったのですが。笑

そこで感じることは、“どうやって折り合いをつけるか?“ということ。

私としては、小学生同士でやいやい言ってる時はできるだけ口出しせず、勝手に折り合いつけてもらえたらと思っている。

あまりにも、、、だったら、間に入ることもあります。

あと、大人(自分)との関係でも折り合いをつけることを意識します。

ゲームをするときにも大人のやりたいと子どもやりたいはちょっと違ったりします。

私は大人だから!とかではなく、自分がどうしたいかを伝えるようにしています。

それに子どもが納得できない事もある

それはそれでいいし、そこを我慢して言わない!のではなく、こうしたい、ああしたい、ということを伝えたうえで、譲るとか、譲らないとかをお互いで決めていく。

納得できないときに、言わずに我慢するのではなく、喧嘩腰でもなく、できるだけ相手と冷静に話をしたうえで決めていく関係性。

これを大切にしたいなと、たくさん感じます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!