MarikoのLearning Life 学ぶって楽しい!を伝えるファシリテーター

家で簡単にきれいで溶けにくい透明氷をミニクーラーボックスで作る方法〜ハイボールを安くもっとおいしく〜

ウィスキー

コンビニ・スーパーなどでも透明な氷がありますが、家で作れないのか?と思ったことはありませんか。

家の冷蔵庫で普通に作ると、水に不純物が入っているため、白いカルキの入った氷ができます。

カルキがあるのとないのでは、味わいが全然違います。

ちょっとした工夫で簡単にカルキなしの透明氷ができます。

我が家では、ウィスキー約100本に囲まれ、日々パートナーNickがハイボールをよく飲むのですが、ハイボールをカルキのない透明氷で作ると、よりすっきりとした味わいになるので、定期的に作っています。

夏にはかき氷機にこの透明氷を入れて作ると、口あたりの優しいかき氷を作ることができます。

家で簡単にできる透明氷を作る方法をご紹介します。

カルキのない透明氷を作るメリット

透明氷を作るメリットは、

  • クーラーボックスとアイスピックだけ買えば、安くおいしい氷ができる
  • サイズを自分で決められ、見た目もきれい
  • 溶けにくい氷を作ることができる

です。

クーラーボックスとアイスピックだけ買えば、安くおいしい氷ができる

カルキのない透明氷を作るには、小さいクーラーボックスとアイスピックだけ買えば、その後はお家のお水で簡単に作ることができます。

コンビニやスーバーで買うと、一袋2〜300円するので、20回くらい作れば、すぐに元が取れます。

透明氷は、カルキがないので、とてもすっきりとしたおいしい氷ができます。

かき氷もおいしくなります。

サイズを自分で決められ、見た目もきれい

クーラーボックスで凍らせてカットしていくので、持っているグラスにあったサイズの氷ができます。

この写真はギリギリサイズが合わなかったんですが、丸氷を作りました。

用途に合わせて大きさを決めてカットすることができるので、とても使いやすい。

また見た目もきれいで、見ているだけで幸せです。

溶けにくい氷を作ることができる

家で作る氷は、サイズが小さいので、すぐに溶けてしまいます。

自分でカットして、グラスに合った、大きい氷を作ることができるので、表面積が大きいので溶けにくく、特にハイボールを飲むのにもぴったりです。

準備物

家で透明氷を作るのに必要なのは、

  • 冷凍庫のスペース
  • 小さいクーラーボックス
  • 包丁かアイスピック

です。

冷凍庫のスペース

我が家には冷蔵庫が二台あるので、小さい方の冷蔵庫にぴったり入りました。

高さ21cm × 横28cm × 縦22cm くらいのスペースは必要です。

小さいクーラーボックス

我が家で使っているのは、こちら。

氷を出すのに、ガンガンするとかなり頻繁に使ったので、1年くらいで壊れてしまいましたが、2750円なのでコスパはいいのではないかと思っています。

包丁かアイスピック

氷をカットして作るので、カット用の包丁かアイスピックを用意します。

氷をカットするので、包丁は刃こぼれしやすいので、注意。

我が家では、アイスピックと包丁の両方を使っています。

このアイスピックも550円くらいなので、コスパはいいです。

透明氷の作り方

  1. クーラーボックスで24時間〜36時間、浄水を凍らせます。
  2. 24時間後、冷凍庫から取り出し、ひっくり返して水をかけて氷を取り出します。
  3. 取り出し、上の凍っていない部分をピックで砕いて、きれいな氷だけ残します。
  4. 水で溶かしながら、角を平にしていきます。
  5. 好きな大きさにカットします。
  6. 袋に入れて冷凍庫に入れて保存します。

1、クーラーボックスで24時間〜33時間、浄水を凍らせます。

ちなみに、24時間だと、薄めの氷ができます。

オススメは約30時間くらいで、ハイボール用の氷にぴったり。

もし丸氷を作ってみたい場合は、32〜33時間くらいで正方形に近い形ができます。

2、24時間後冷凍庫から取り出し、ひっくり返して,クーラーボックスの上から水をかけて、氷を押し出します。

3、取り出し、上の凍っていない部分をピックで砕いて、きれいな氷だけ残します。

4,水で溶かしながら、角を平にしていきます。

5、好きな大きさにカットします。

6、袋に入れて冷凍庫に入れて保存します。

まとめ・動画

家の浄水を使っているので、価格も安いし、作るのも楽しい。

ご参考までに我が家で氷を作っている動画もご覧ください。

ぜひ、ご家庭で作ってみてください。

我が家のウィスキーライフをまとめました。あわせてご覧ください。

[まとめ]ウィスキーの楽しみ方とコレクション〜おうち時間を豊かに/蒸留所を満喫〜

約100本のウィスキーに囲まれて暮らす私たちのウィスキーの楽しみ方をご紹介します。ウィスキーが好きすぎて家だけではものたりず、蒸留所などもめぐりました。

» この記事を読む