怒りをのぞいて嫌なことを伝える

生きている限りにおいては苛立ち、怒りがある。

怒りは第二感情。

自分の何か嫌なことを言われた、された

失望した、許せない

悲しさ、不甲斐なさ

何か嫌な感情が怒りとなってあらわれる。

それを知らず、怒りに任せて人に怒りをぶつける。

もしかしたら、怒りをぶつけてることにすら気づかず、正義で怒ったりしているかもしれない。

怒ってしまうこともあるのは仕方ないけれど、そのあとにどうしてその怒りになるのかを分析する。

反射的に怒ってしまうことがわかれば、次に同じことがあったときに、怒りで表現するのではなく、できるだけ穏やかに気持ちを伝える。

私はして欲しくないと思ってる。

他の人が嫌がってそうだからやめてほしい。

そう伝える。

毎回怒りで脅して言う事をきかせるのではなく、叱る、伝えることを効果的に声色を変えて伝えるのが一番伝わるんじゃないかなと感じます。

だから怒りをコントロールして伝えることを意識してみてほしい

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!