技術でカバーする

私はいろんな人に子どもたちとの付き合い方が上手だねと言われます。

実際に、子どもたちが寄ってくるので、自覚はあるんですが、これは無意識にしているわけではなく、ある程度の技術として知っていてそれを実践しているだけなのです。

もちろん、その技術がうまくいかないときもあるし、でも繰り返せばうまくいくときもある。

それを試行錯誤して、遊んでいるだけなのです。

その技術はシンプルで、

・自分の見え方をある程度知っておく

完璧にはできなくても、他人からの印象や自分のクセを知っておく

・聞く姿勢を持つ

理解できなくても、うまく話を聴けるようになれば、こちらを向いてくれます。

・Iメッセージで伝える

〜したらあかん。よりも、私は〜して欲しくない。を強めに出す。

・べきべきを手放す

こうするべきという概念をできるだけなくす。

まだありますが、一番はこの辺りです。

それを試して楽しんでます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!