批判的な意見との向き合い方[日々の学び]2020.11.30

私の発信が弱い理由がわかっています。

それは批判的な意見に自分が耐えられる自信がないからです。

でも、少しずつ何を言われても耐えられるようになりつつあるけど、まだまだ、それに耐える練習も必要だなと思いました。

今日の学び

いい意見をもらえると自信になるけど、よくない意見をもらうと私は酷く沈んでしまう。

よくない意見もチャンスだという考え方も頭ではわかっているけど、落ち込みすぎないように逃げている。

今は、かなり自分のペースで進められるようになってきて、ある程度は落ち込まなくなってきた。

だからこそ向き合う時なのかもしれなくて、何かをすると、いい意見も自分にとって嬉しくない意見もある。

そんな意見を受けると、私なんてダメだと思ってしまう。

でも、そもそも、その意見は、私の存在自体を否定されているわけではない。

そう思ってしまうのは、自分の捉え方の問題。

単純にそう思っている人もいるんだなと知って、その中で自分がどうしたいかを考える。

そこまではわかるようになったから、その批判的な意見や批判的ではなくても、自分にとって嬉しくない意見があっても、そのまま受け止めて、次に生かしていく。

何が正しいかなんて分からない。

自分が信じる道をいく中で、信じる意見を選んで進んでいきたい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!