突然の英語の振りに弱い自分[日々の学び]2020.9.9

今日は関わらせていただいている、 師匠の仲間内で、”イキルをカタル”に参加させていただきました。

これまでの私と今の私を語りました。

この書くことを通して、自分自身を俯瞰してみて、理解できてきたのですが、改めて棚卸し。

それをもとに話しながら、英語好きとか言いながら、英語を振られるとそんなに対応しない自分に改めて出会いました。

今日の学び

▲ もうちょっと色合いとか綺麗にしたかった。。。ですが、テーマごとの私のキーワードを洗い出してみました。

いろいろと話す中で、英語を話すことに抵抗がなくなってきたと思う一方で、まだ反応できない自分がいました。

この反省を生かし、自己分析。

・英語が本当に上手な人といると、自己否定の自分が出てきて、恐怖心の自分がフワッと現れてしまう。

・日本語の人格と英語の人格が違うため、切り替えが遅い。

終わってから一人で反省。

一人だったら話せるんですよね。。。

あれも言えた、これも言えた。。。。と。

意外とプレッシャーに弱いのかもしれませんが、一つ課題も見えたところで,次に生かしていきたいと思います。

今日の感情

人の優しさに触れると幸せな気分になりました

今日の感謝

自分らしく語れる機会があることに感謝

完全でなくても家族との時間を大切にしようと思えることに感謝

人の優しさに触れることができたことに感謝

今日の食事とメンテナンス

35分ウォーキング。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!