ダメ出しはよりよくするためのアドバイス[日々の学び]2020.9.7

これはダメ!と言われると私はドキッとします。

これは多分ですが、昔から私は親にやろうとしたことを否定された”記憶”が強いからかと思います。

言った本人は全くそんな気もないのですが、私にとってはダメと否定されることがいつの間にか怖いものになっていました。

その捉え方も少しずつ変えることができるようになってきました。

今日の学び

久しぶりにダメと何度も言われる機会がありました。

最初は、ちょっと落ち込みかけたのですが、少ししてから切り替えられました。

切り替えられるようになった理由は、自分自身を満たし続け、自分の強みをしっかり把握できるようになったことが一番大きいと思います。

ダメと言われた時に、どうせ自分なんてダメなんだと最初は思ったのですが、少ししてから、いや、これは私がダメなんじゃないよなと自分で思ったのです。

私は特に自分をダメだと思いやすい思考がありました。

だけど、自分を満たせたことによって、自分をダメと思う傾向が減ってきて、違う捉え方をできように意識が向いたのです。

このダメと言われたことというのは、もっとよくするためにどうすればいいかを考えるきっかけのワードなだけだったのです。

初めてみた人が、違和感を持つことは、他の人でも起こる可能性があります。

違和感がありダメと言われたことは、よりよくするためのチャンスなのです。

自分がそうした理由と相手が感じる違和感を話し合い、さらに良いアイディアを出せるような話ができること、それこそが進化だなと思います。

また、ダメダメ言われる予感もしますが、思考を変えて、どうすればうまくいくのかを考える機会にしていきたいと思います。

今日の感情

やりたくなかったことの自分の気持ちを紐解いて、できて嬉しい気持ちになった。

今日の感謝

しんどい中でも、ジムに励ましながらいけたことに感謝

新たに考える機会をもらえたことに感謝

久しぶりにアイスを食べたら美味しかったことに感謝

今日の食事とメンテナンス

30分ウォーキング

▲朝ごはん

▲ 昼ごはん

▲ 晩ごはん

ちょっと野菜不足。その代わりアイスをいただく…。ぶどうもおいしかった

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!