誰でもいつでもうつ病になりうる[日々の学び]2020.7.30

私は昔、自分がうつ病になんかならないって思っていました。

というか、そんなイメージすらなかったです。

そんな私が、過呼吸になったのです。

それでもココロの問題とすら思っていなかったのです。

今日の学び

たまたま少し前に過去のことを思い出す機会があった。

その場所に行くと、亡くなった彼女のことを思い出すのですが、その近くの場所で有名な人の話で、友人が自殺して人生観が変わったという話をたまたまきいて。

複雑な気持ちになったけれど、その気持ちは誰かにいうわけでもなく。

でも、なんとなく、意味があるようにも感じて、その思いを書いています。

学生時代には、ココロの病気のことなんて全然知らなかった。

自分が軽度ではあっても、ココロに苦しむなんて思いもしなかった。

だからこそ、声を大にして言いたいことが、

誰でもうつ病になりうる

ということ。

それはあまりに突然起こることもあるだろうし、積み重なって現れる症状もあるだろうし。

症状は人それぞれだと思うけど、誰でもなる可能性はある。

脅したいわけではなく、知っていておくだけで、簡単に防げることもあるのです。

もし当時のわたしが知っていたら、過呼吸すらならなかった思うし、友人の命も救えたのかもしれない。

起こったことには意味があるので、過去の出来事は変わらないけれど、だからこその使命として、ココロのことをしっかり伝えていくことをしていけたらと思っています。

このコロナ時代に、テレビのニュースではネガティブなニュースをたくさん伝えます。

それだけでなく、現実的な面でも辛い状況の方も多いかもしれない。

まずは自分を自分で癒すことをたくさんして、この困難をともに乗り越えていきたいですね。

今日の感情

最近改めて思うのが、あきらめの感情がたくさんあること。

どうせ言っても無駄だしとつぶやいているけれど、できることをやろうと穏やかな気持ちになれた

今日の感謝

たまに行くランチのお店でカーディガンをだいぶ前に忘れていて、店員さんが私をみるなり、保管していてくれたカーディガンを返してくれたことに感謝

贅沢な生活ができていることに感謝

辛いことがあっても笑顔でいられることに感謝

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!