目の前の人を大切にする[日々の学び]2020.7.3

理想を高く求めているとき、目の前の人のことを大切にできているかどうか?を意識するようにしています。

私は経営者でもないのはあるけれど、自分がどんな立場になっても、大切にしたいのは、共に働く人でありたいなと思う。

今日の学び

目の前の人たちがウキウキしていないのを感じることが多い。

いろんな理由があるけれど、たぶん、狭い枠の中に閉じこもるしか守る術がないのかもしれないとさえ思う。

人それぞれの強みがあって、苦手があって、やってみたくてもすぐにはうまくいかないことも多くて。

モヤモヤしていたかもしれない中で、あなたはできないからこうしなさいと指示されてしまうだけになるのは悲しい。

結局、その人自身の判断力を奪う。

判断力が奪われることは幸せが奪われること。

自己選択が幸せだと思うのです。

もちろん会社だと生活がかかっているからそうも言えない部分もあるかもしれない。

だけど、その選択肢を完全に奪ってしまうことは、その人のことを大切にできていない気がする。

私も過去に人に対して大切にできなかった記憶もたくさんあったからこそ、そう思う。

“まだまだ、大切にできないこともあるけど。ちょっとずつ)

家族でも友達でも会社でも、すべてでなかったとしても、選択肢を残しておいて欲しい。

それが目の前の人を大切にするということ。

大切にされれば、その人なりに努力をしていくと思う。

今日の感情

新たなチャレンジができて幸せな気持ち

今日の感謝

家族との時間に感謝

目の前の人たちがよくしてくれることに感謝

人に感謝の気持ちを伝えられたことに感謝

最新情報をチェックしよう!