伝える人ができることは、自分の能力を伸ばすこと[日々の学び]2020.2.17

私自身は学生時代に教えることに挫折しました。

もう二度と教育関係にはいかないと思っていたのに、主体的な学びを追求する会社との出会いで、教育業界に身を置くことになりました。

でも、私は、先生をしているわけではないし、するつもりもありません。

学びの引き出し方を伝えたいと思っています。

今日の学び

正直、今後は特に教える必要ってほとんどなくなって来ていると思うのです。

教科書を読めばわかることもたくさんあるし、動画などもあふれている。

だから、学ぼうと思えばいくらでも学べる。

でも、学ぼうとする気持ちって、きっかけが必要。

環境がなければ、存在すらも知らないし,やらなくたっていい。

学びを引き出す人(伝える人)がその魅力を伝えたり、面白そうにしたり、ボジティブな雰囲気で、楽しそうであることで、学び手も興味を持ち出す。

つまりは、教え方を学ぶだけではなく、伝え方のスキルやあり方を学び、自分の能力を伸ばすこと。

学びの場がうまくいかない時、学び手と一緒に学ぶといいのですが、相手のせいにするのではなく、自分自身の捉え方、関わり方を変えてみる。

自分自身を高めていきましょう。そうすれば、周りが変わります。

今日の気持ち

久しぶりに月曜日の嫌な気分。

でも、切り替えてやりきった達成感。

今日の感謝

家に帰ったらご飯を作ってくれていたことに感謝。

知らずに材料を買ってきたからって怒る自分を反省。笑

最新情報をチェックしよう!