良いとか悪いとかの発想を一旦はずす

指導するって言葉が私は好きではないのですが、自分が感じたこと、こうした方がいいと思うことを伝えないといけないときもある。

そんな時に意識したいのが、

•良いとか悪いとかの発想は手放す

こうしなさいとか、こうしちゃダメとか、良いとか悪いとか良し悪しだけで言わないこと。

どうしても、〇〇しなさい、とか言ってしまったほうが早い。

そんなときも必要だけど、一方的に伝えるだけでは、相手が考える力を奪う。

その人がどうしたいか、どこが課題と感じているのか?

そもそも課題を感じてない場合には、そのヒントを渡す。

モヤモヤするけど、結論よりも課題を見つけて考える機会を渡すこと。

そのためにも、こんなことをするからダメとか、善悪で判断してしまわないようにする。

そして、相手ができるようになることを信じる。

これが難しいけど、トライしていきたい。

最新情報をチェックしよう!